バッファーマネジメントソリューション

バッファはバイオ医薬品の製造において重要な役割を果たしています。一般的に、ダウンストリームの処理工程において、バッファの調製は、施設の設置面積、必要な労働力、および設備コストの大きな割合を占めています。

バッファを調整する方法はいくつかありますが、自社で行う場合の方法として確立されているのは、USPまたはWFIグレードの水を使用して、ステンレス製またはシングルユースのタンクで粉末を水和させる方法です。

この方法はすでに確立されており、バルクスケールでの調整には最適ですが、これらのオペレーションを実施するには、例えば、使用前の原材料を保管するための倉庫スペースや、原材料の計量・分注エリアなど、かなりのインフラが必要です。

したがって、社内でのバッファの調製にかかるコストと手間を考慮すると、水和したプレメイドの液体、バッファ、および濃縮バッファの採用は、コスト、時間、および資源を節約する代替手段となり得ます。

お客様のオペレーションや施設の規模に応じて、適宜様々なバッファをご紹介・ご提案させていただきますので、いつでもご相談ください。

バッファーマネジメントソリューション特集

お問い合わせはこちらから [NI]

お問い合わせはこちらから


 

mAb製造の生産性向上

バイオ医薬品の製造工程では、培地や培地補助剤、バッファ、塩類、その他のプロセスケミカルなど、数百種類もの原材料を必要とするのが一般的です。

もっと読む

    お問い合わせ

    お問い合わせ

ウェビナー: 強化された原料リリース/デリバリー戦略を用いたバッファーおよびメディアプレパレーションによるプロセス・ボトルネックの解消法

シングルユスの粉体包装やインライン希などの革新的な新技術により、施設の設置面積、労働時間、全体のコストを削減することができます。

ウェビナーを見る

詳細