プラスミドDNAの製造

プラスミドDNApDNA)は、遺伝子治療、遺伝子改変細胞治療、そして mRNAワクチン向けのウイルスベクター製造のための重要な出発要素です。非ウイルス性遺伝子治療用のAPIとしても使用されています。

細胞/遺伝子治療(Cell/Gene TherapyCGT)やmRNAワクチン/治療法を製造する上で、nonGMPグレードまたはcGMPグレードの、高品質かつ信頼性の高いpDNAの供給を確立することは極めて重要です。昨今、CGT 分野への注力と設備投資が増加しており、成長を続けている CGT および mRNA 治療薬市場をサポートするためのpDNA生産の必要性は高まっています。

 

Avantor は、CGT および mRNAワクチン/治療法 を開発製造する企業に向けて、試薬グレードまたはcGMPグレードのpDNA をバルクスケールでご提供しています。高品質のpDNAを高収率で製造するために、最適化されたプロセスを採用しており、スケールアップにも問題なく対応可能です。私たちのサービスで、日本での新規医薬品や治療法の迅速な上市をサポートします。

本プラスミドDNA製造サービスでは、以下を提供します。

  • 高品質の試薬グレードおよびcGMPグレードのプラスミドDNAの提供
  • な量までスケールアップが可能
  • 様々なFormulationが可能
  • 適切なQC、分析、安定性試験を実施
  • ワーキングセルおよびマスターセルバンクの作成が可能

お問い合わせはこちら

ウイルスベクター・mRNAメーカー向けpDNA作製サービスの詳細はこちら

プラスミドは、細菌などの微生物が持つ、染色体DNAとは別の小さな環状の二本鎖DNAです。通常少量の遺伝子を含んでおり、自然界では抗生物質耐性遺伝子など、微生物に有利に作用する遺伝子が搭載されています。

 

CGTmRNAでは、合成されたプラスミドを処理して、治療用DNA、ウイルスベクター構築用DNA、あるいはmRNAへの転写用出発物質を作成します。

遺伝子治療や細胞治療のためのウイルスベクター製造では、必要な遺伝情報を細胞株に導入するためにプラスミドが使用されます。一般に、構造としてのプラスミドまたは“ヘルパー”プラスミドと、目的の治療遺伝子を含むプラスミドなどの、3つまたは4つのプラスミドが使用されます。

 

遺伝子治療においては、組換えプラスミドを直接細胞に導入することも可能です。pDNAは、例えばCAR-T細胞療法やCAR-NK細胞療法向けに、自己または同種細胞の生体外遺伝子操作に使用されることもあります。さらに、CRISPR/Cas9系に必要なCas9およびガイドRNAを発現させるために、in vivoまたはex vivoでの遺伝子編集にも利用されます。

mRNAワクチン/治療法の製造では、pDNAを鋳型として、Linearizationと酵素を用いたIn vitro転写(IVT)反応によりmRNAを製造します。それらのmRNAは、免疫反応を引き起こすウイルスタンパク質の生産や、あるいは疾患により欠損したタンパク質を補完するために、細胞内でタンパク質の生産を誘導します。

私たちのpDNA製造サービスでは、試薬グレードかcGMP グレードかを選択可能です。両グレードとも、同じ出発原料、プロセス、製造スペース、規格で製造します。

 

試薬グレードのpDNAは、cGMP管理下のクリーンルームで、バリデートされたプロセス機器を使用して製造されます。pDNAの品質保証(QA)には、pDNA製造工程を除く、機器、施設、オペレーターが含まれます。提供可能な書類は、Tech Transfer documentsMaterial specifications、およびCertificate of Testingなどで、これらはR&D Qualityチームによりレビューされます。試薬グレードでは、高品質なpDNAをリーズナブルな価格でご提供します。

 

cGMPグレードのpDNAは、試薬グレードのpDNAと同じプロセスで製造されますが、全行程でcGMPに準拠しています。QAは、すべての機器、施設、オペレーター、およびpDNA製造工程を監督し、適切なQAレビューを受けたバッチレコードおよび分析証明書などの文書をご提供します。